ロボアドバイザー・パーソナライゼーションの極意


伝統主義者は、ロボアドバイザーはフィンテックの片隅にあると言うだろう。 デロイトは次のように予測している。 は、2025年までに世界の富の最大7兆ドルが自動化されたシステムによって管理されると予測している。

自動化、デジタル化、AIはファイナンシャル・アドバイザーにとってエキサイティングなことだ。ファイナンシャル・アドバイザーはデータを活用したツールを活用することで、これまで以上に迅速にビジネスを拡大できるようになったが、人間的なタッチの重要性も見落としてはならない。 人間中心のサービスの価値を過小評価し続ければ、ロボ・アドバイザーはフィンテックの片隅で活動することになるだろう。

直感に反するようだが、最先端のテクノロジーと人間の直感や共感との融合こそが、フィンテックを未来へと真に推進するものなのだ。 ロボ・アドバイザーは強力ではあるが、人間のアドバイザーがもたらす微妙な理解、信頼、個別化されたガイダンスを複製することはできない。 フィンテックの未来は、人間と機械の二者択一ではなく、両者の長所を調和的に統合することにある。 そのためQdeckは、あらゆるアドバイスのニーズに対応する使い勝手の良いインターフェイスを備えた、唯一無二のジェネレーティブAIスーパーツールQadvisorGPTを開発しました。

業界が進化するにつれ、この相乗効果を認識し行動する者が道を切り開き、テクノロジーがかけがえのない人間同士のつながりを代替するのではなく、強化することを確実にする。

AIと人間の知能の融合

AIは超能力を持った放蕩児のようなものだ。 あなたが教えれば、学習する。 人工知能は、銀行口座をハッキングして金を盗み、それを見知らぬ島の海外に移すことができる、解き放たれたロボットだと誤解されている。 このようなイメージは、SFや、私たちが今生きている時代(豊富な情報、自動化、指数関数的な成長の時代)に至るまでの長年の憶測によって広められたものだ。

これらのシステムの中心には、マシンを導く基礎となるロジックを確立する人間のクリエイターがいる。 意図的に設計され、設定されたパラメータを厳守する。 QadvisorGPTとQdeckロボアドバイザーにとって、これは現実の人間のファイナンシャルアドバイザーの行動を模倣し、彼らがある日に遭遇する状況を考慮し、可能な限り正確にプロセスを最適化することを意味する。

人間のファイナンシャル・アドバイザーは、財務的な洞察力に優れているだけでなく、有意義な人脈を築くことにも長けている。 プロフェッショナリズムとパーソナル・タッチの融合は、クライアントとの深い信頼関係を育む。 歴史的には、この信頼関係はサッカーの試合やディナーパーティー、ゴルフなどの社交の場で培われてきた。 しかし、世界がデジタル相互接続に傾くにつれ、バーチャルな金融相談へのシフトが顕著になってきた。

この変革は、アドバイザーの特徴である温かみと信頼性をデジタル領域でいかに維持するかという課題を突きつけた。 ロボアドバイザーが普及する中、テクノロジーの効率性を最大限に生かしながら、人間味のあるサービスを提供することはできるのだろうか? QadvisorGPTなら、答えは「イエス」です。

ロボ・アドバイザーと人間のファイナンシャル・アドバイザー

Qdeckでは、自動化とAIの真の可能性は、人間的な手触りと組み合わされたときに発揮されるという考えを支持しています。 QadvisorGPTは、ファイナンシャル・アドバイザーに最先端のAI機能を搭載し、比類ない精度でサービスをカスタマイズすることを可能にします。 AIの強みは、膨大なデータをふるいにかけ、パターンやニュアンス、トレンドを読み解き、最適な金融戦略を導く能力にある。

あるシナリオを考えてみよう:あるアドバイザーが、最近父親から多額の財産を相続した顧客から相談を受けたが、その父親は息子とは異なり、持続可能な投資に対してほとんど関心がなかった。 息子は、父親が経験した経済的成長を反映させたいと考えているが、ポートフォリオを高いリスクにさらすことなく、ESGに準拠した投資を重視している。 ここでAIは、ファイナンシャル・アドバイザーがこれらの基準を尊重し、カスタマイズされた効果的な投資戦略を確保するための道筋を描くのを支援する味方となる。

Qdeckロボアドバイザーで戦略を立て、パーソナライズし、最適化する

QadvisorGPTを使用することで、ファイナンシャルアドバイザーはEメールメッセージのパーソナライズ、ニュースレターコンテンツの多様化、顧客向けの関連記事のキュレーションを行う強力なツールを手に入れることができます。 QadvisorGPTは、ポートフォリオ選択や金融ニュースの更新など、煩雑になりがちなプロセスを合理化します。

ロボ・アドバイザーを代替品としてではなく、貴重なアシスタントとして考え、執行効率を高め、アドバイザーが個別化された戦略策定に時間を費やすことを可能にする。

デジタル時代には、オーダーメイドの体験が求められる。 Qdeckの洗練されたエンジニアリングと、アドバイザーのための充実したストラテジーウィンドウが組み合わさることで、パーソナライゼーションオプションの宝庫が広がる。 Z世代とミレニアル世代が富を継承し続ける中で、より良い未来の約束と結びついている可能性が高い。 時代の流れは、財務上の優先事項の変化を明らかにし、アドバイザーは顧客のユニークな動機や嗜好を理解するだけでなく、巧みにナビゲートすることを求めている。

ロボ・アドバイザーのパーソナライゼーションをマスターすることは、製品の卓越性、機能の巧みさ、そして人間の洞察力の調和のとれたブレンドである。 テクノロジーを効果的に活用し、その機能を最適化し、常にスキルアップを図ることで、アドバイザーは進化し続ける顧客を自信を持って導くことができる。

自分の目で確かめたい? 試す Qデッキ を試してみてください。

上部へスクロール