金融を超える:持続可能な投資におけるAIの役割

AIが持続可能な革命を起こし、富の大規模な移転が始まる世界を思い浮かべてほしい。 それが今の世界だ。 ミレニアル世代とZ世代は持続可能性を重視し、未来志向である。 彼らはデータを活用して、情報に基づいたインパクトのある決断を下すことに熱心だ。 彼らは自分のお金が自分や周囲のために働いてくれることを期待しているのだ。 金融におけるAIの意味は大きい。 特筆すべきは、AIによって、投資家は持続可能性など、より広範な利益に資するアプローチを取ることができるということだ。

AIモデルは複雑なデータセットをナビゲートし、最もESGに優しい投資オプションを最適化することができる。 専門家たちは、この分野におけるAIの変革力を見ている。 AIの能力を活用することで、ESGパフォーマンスを飛躍的に向上させることができ、ポートフォリオをより広範な持続可能性の目標と効果的に整合させるように管理することができる。 投資家は、持続可能な投資における人工知能の可能性を理解しており、環境影響と持続可能性に対する価値に基づいて意思決定を行うESG重視の顧客にアプローチすることができる。

ESGギャップ:需要と供給

モルガン・スタンレー証券 モルガン・スタンレー・サステナビリティ投資研究所 は、投資家の88%が資産運用会社を選ぶ際にESG報告を重要視していることを明らかにした。 しかし、そのようなサービスを提供している経営者は39%に過ぎなかった。 ESG分野で重要な指標となっている温室効果ガス排出量を開示している企業はわずか35%である。 これは、ミレニアル世代やZ世代に、それぞれのニーズに合った環境に優しいファイナンスのアドバイスを提供するアドバイザーにとって、大きなチャンスとなる。

アドバイザーは、ESGリテラシーと知識が求められるシナリオに身を置くことになる。 AIは、すでにESG承認の印が押されている企業や、温室効果ガスの排出量が少ない企業を評価するのに役立つ。 機械学習モデルは、このような情報を特定し、選択される投資の種類に考慮することができる。 さらに、機械学習モデルは、企業が公表するニュースや数字に基づいて情報を特定し、ESGとの整合性を示す行動を検出することができる。 モデルは、企業の所在地、収益、製品、サービスに関する情報を使って、詳細な情報を得ることができる。 これによって、ESGの領域で企業がどのような役割を果たしているかを、より全体的に把握することができる。 AIは予測分析を可能にし、特定の企業や企業群に関する多次元的な可視性を提供することで、投資家にそれらの企業の影響を検討する力を与える。

バランスシートを超える

サステナブル投資は、バランスシートに限定されるものではない。 企業は環境への取り組みを行っているが、必ずしも “ESG “というレッテルを貼られていない特異な時代である。 また、「ESG」のレッテルを貼られた企業であっても、投資家が企業側の不誠実さを感じ、投資したくない企業もある。 要は、投資家はAIを使って、どの企業が顧客のコアバリューに合致しているかを判断する専門家になれるということだ。 専門家の意見 .

AIはより多くの情報をより速いペースで処理できるため、企業のサステナビリティへの取り組みに関する利用可能な情報の深さと幅が広がる。 例えば、AIは企業の行動や更新に関する関連ニュース記事やレポートを引き出すことができる。 これらの洞察は、企業の貸借対照表と照らし合わせ、真に、測定可能で、意味のある価値主導のブランドを照らし出す。

こうした若い世代の投資家にとっては、バランスシート以上のことが重要なのだ。 たしかに若い投資家は、金融の専門知識をアドバイザーに頼るだろうが、それは批判的で文化的意識の高い目で判断されるだろう。 サステナビリティを重視する投資家は、アドバイザーに数字を超えた洞察力を期待するだろう。

AI:透明性の鍵

膨大でバラバラのデータセットを分析することは、人工知能のおかげで日常のアドバイザーにもできることだ。 ソーシャルメディアのアカウントから、森林伐採を特定するためのGPS衛星画像まで、人工知能は透明性を解き放つ鍵となる。 投資家は情報を活用する力をますます強めている。 アドバイザーは、顧客に勧める投資が顧客の価値観に合わせたものであることを確信できる。 温室効果ガスの排出、森林伐採、有害廃棄物の流出、持続不可能な慣行への企業の投資など、どのような問題であれ、アドバイザーは詳しく調べ、顧客が夜眠れるようなポートフォリオの選択肢を提案することができる。

ミレニアル世代とZ世代は、自分たちを取り巻く世界にポジティブな影響を与える意思決定をすることに重点を置いている。 人工知能と持続可能性の融合は、投資家が企業の行動に基づいて情報に基づいた意思決定を行う未来を約束する。 ミレニアル世代とZ世代は、お金は個人の富と成長のためだけでなく、将来のためにも働くべきだと考えている。 例えば
Z世代の63%とミレニアル世代の59%が
が旅行やコンサートなどの人生経験にお金を使うことを好む。 アドバイザーはこれらの情報を使って顧客を理解し、効果的に指導しなければならない。 持続可能性に関する情報と業界理解を備えたアドバイザーは、顧客の価値観を理解していることを示すことで、顧客との信頼関係を築くことができる。

AIを使えば、アドバイザーは企業がどのようにリソースを採用し、エネルギーを費やしているかを詳しく調べることができる。 アドバイザーは、人々の価値観に忠実な、カスタマイズされたポートフォリオを作成する権限を与えられている。 現在、持続可能性に配慮したサービスを提供しているアドバイザーは全体の3分の1程度に過ぎない。

上部へスクロール